アミイロな日々

手編みやマクラメ編みのことなどを綴ります

シトラスリボンプロジェクトに参加します!

f:id:amiiro:20210523201652p:image

シトラスリボンプロジェクト
ご存知ですか?

f:id:amiiro:20210523201722j:image

 

コロナ禍で、感染が確認された方、医療従事者・「エッセンシャルワーカー」の皆さまが、

偏見や差別をなくし「ただいま」「おかえり」と言いあえる街にであるようにと願って

みんなで広げる、シトラスリボンプロジェクトです。

 

私の故郷愛媛から発信していて、心温まる活動に参加したいと思います😊

 

私らしくマクラメ編みのライン結びで作っています❗️

f:id:amiiro:20210523201740j:image

 

柑橘系の紐で作ればいいのだけれど、お気に入りのレース糸にオレンジや黄緑の色がなく、
スダチやカボスも連想できる緑にしました。

 

まずは受講生さんにライン結びの練習も兼ねて作ってもらい、その後作りたい方いれば一般公開したいと思います!

 

早く終息することも願っています。

f:id:amiiro:20210523201823j:image

 

 

以下はシトラスリボンプロジェクト from ehime さんのHPからです

 

コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。             

   愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。 
              
リボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。 
              
「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。                

また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができます。

感染者が「出た」「出ない」ということ自体よりも、感染が確認された“その後”に的確な対応ができるかどうかで、その地域のイメージが左右されると、考えます。                

コロナ禍のなかに居ても居なくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ。                

コロナ禍の“その後”も見すえ、暮らしやすい社会をめざしませんか?   

 

HPはこちらです


https://citrus-ribbon.com/  

      

#ただいま #おかえり #っていいあえるまちに
#citrusribbonfromehime
#シトラスリボンプロジェクト
#マクラメ編み
#マクラメレース
#ライン結び
#リボン
#コロナ終息を願って